外国語教育

山梨大学では、英語の授業のほかに、未習外国語として、ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語の中から1科目を選択することが、必修となっています。これらの外国語を勉強してもらうことによって、国際社会で活躍できる能力の育成を目指しています。教養教育センターに所属する専任教員は、日本語教育が専門の仲本准教授を含め、全員が何らかの形で語学教育に携わっています。そうしたことからも外国語教育は、教養教育センターの活動の重要な柱の一つとなっています。以下に簡単ではありますが、センターの外国語教育に対する取り組みについて、記しておきます。

大学における外国語教育

日本の大学教育において、外国語教育は非常に重要な位置を占めてきました。近代的な教育が始まった明治時代において、外国語を学ぶことは必要不可欠とされました。日本語での知識の蓄積がなく、日本語以外の言語で書かれた本を読まなければ、そもそも学問をすることができないという状況があったからです。日本語でも多くの専門書や翻訳書が刊行されている今となっては、そうした必要性は過去のものになりました。しかし、今でも外国語でなければアクセスできない情報もありますし、他方、国際化・グローバル化に伴って、外国語の運用能力の重要性は高まってきています。

これは筆者(渡辺)の個人的な考えですが、ことばを学ぶというのは、ものを学ぶことの基本であり、語学を勉強するときの勉強のしかた、あるいはものの考え方を身につけてもらうことは、専門課程での皆さんの成長を大いに助けるのではないか、と思っています。さらには、英語と、そのほかにもう一つ言語を学ぶことで、それらの言語を日本語と比較し、その違いを通じて普段は意識しないような形で日本語について考え、日本語に対する理解を深めていってもらいたい、とも思っています。

また、大学生になった皆さんには、高校生の頃までとは違ったコミュニケーション能力、つまり人に自分の考えを伝えたり、逆に人の話をよく聞いて考えを理解するように努力したりといった、一言でいえば人と話をする能力が必要となってきます。教員一同、我々の外国語の授業を通じて、皆さんがそれぞれの言語の運用能力だけでなく、コミュニケーション能力そのものを育んでいってくれることを願っています。

センター所属教員・スペイン語
渡辺 暁

山梨大学の英語教育の特色について

本学における必修・選択の英語コースでは学生がレベルに応じたクラスで学べるようにカリキュラムが組まれ、専門的語彙習得等が必要な医学部や工学部に向けたコースが設けられているほか、e-learningを活用した自主学習も以前から取り入れられてきました。2014年度からは、英語学習について個々に相談できるアドバイザーとの面談システムや、ネイティブ教員及び留学生と気軽に交流できるイングリッシュ・カフェの導入により、学習支援がさらに推し進められています。これらを語学としての英語学習だけではなく、「グローバル人材」に必要な異文化理解やコミュニケーション能力の向上に役立てたいという学生も増えてきています。積極的な学びの場を求める学生の期待に応えるべく、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、と様々な文化圏の提携大学へ長期・短期の留学プログラムが各種用意されており、その充実とさらなる改善にますます力が注がれています。

センター協力教員・英語
澤田知香子